シーケンサ(MELSEC-Q)のデバイス、 数値

生産装置の制御機器としてPLCがよく用いられています。
そのPLCの中でメジャーなものとして三菱電機のシーケンサ(MELSECシリーズ)があります。

今回はシーケンサ(MELSEC-Q)でよく使うデバイス等についてまとめます。

 

 

 

 

デバイス

デバイス  名前  種類  使用方法
X  入力リレー  ビット  スイッチやセンサ、他の機器からの入力を受けるリレー。
Y  出力リレー  ビット  スイッチやセンサ、他の機器へ信号を出力するリレー。
M  内部リレー  ビット  プログラム内での信号を制御する内部用のリレー。
SM  特殊リレー  ビット  常時ONやクロック等のシーケンサ内で定義されているリレー。
L  ラッチリレー  ビット  リレーのON/OFF状態を電源を落としても記憶したままでいれるリレー。
B  リンクリレー  ビット  CC-LINK等の通信を使用する場合に使うリレー。内部リレー(M)の代わりとしても使用できる。
D  データレジスタ  ワード  16 bitのデータを格納できるレジスタ。
SD  特殊レジスタ  ワード  CPUの状態やスキャンタイム等のシーケンサ内の情報を取得することができるリレー。
W  リンクレジスタ  ワード  CC-LINK等の通信を使用する場合に使うレジスタ。
Z  インデックスレジスタ  ワード  インデクス修飾時に使用するレジスタ。
R  ファイルレジスタ  ワード  RAM内に保存され、電源を落としてもラッチされるレジスタ。

 

ビットデバイスとワードデバイス

ビットデバイス

ビットデバイスは名前の通り、1bitの情報(ON or OFF)を扱うデバイスです。

ビットレジスタは次のように書くと、連続したビットデバイスをひと固まりのデータとして認識します。

 

K4X1

 

この場合「 K 」に続く数字(この場合は 4 ) × 4 このデバイス、つまり上の場合だと X0 からXFまでの16個のビットデバイスを一纏めにし、

ワードデバイスのように見立てて扱うことができます。

 

ワードデバイス

ワードデバイスは16bitの情報を扱うデバイスです。

ワードデバイス各桁のON/OFFを表示し、ビットデバイスのように扱うには次のように書きます。

 

D0.1

 

デバイス名に続く「 .数字 」が指定する桁を表しています。

 

入力リレー(X)

入力リレーは入力ユニットからの外部信号、MELSEC-Qユニット、ネットワーク機器等、

シーケンサCPU外からの信号を受け取り、ON/OFFを判定するリレーデバイスです。

 

出力リレー

出力リレー(Y)は出力ユニット、MELSEC-Qユニット、ネットワーク機器等、

シーケンサCPU外へ信号を出力するリレーデバイスです。

 

内部リレー(M)

内部リレーは入力・出力デバイスとは異なり、シーケンサCPU内だけでしようするリレーデバイスです。

内部リレーは何かの条件が揃ったときなどのフラグとして利用されます。

 

ラッチリレー

ラッチリレーは内部リレーと同様にシーケンサCPU内で利用されるリレーデバイスです。

内部リレーとの違いとしてラッチリレーはシーケンサの電源が切れてもリレーの情報が残り、再度電源を入れた時前回の状態が保持されます。

 

データレジスタ

データレジスタは16bit 情報を保持するためのデバイスです。

記録保持や数式計算に利用されます。

インデックスレジスタ

インデックスレジスタはデータレジスタ同様に16bit情報を保持するためのデバイスです。

しかしインデクスレジスタの目的はデータの保持ではありません。

他のデバイスと同時に使用し、アクセスするデバイス番号を保持している数字によってコントロールすることです。

例えば Z0 の値が 10 だった場合、

D0Z0 は D10 を表します。

つまりインデックスレジスタを他のレジスタと併用した場合、それらが示すデバイス番号は

デバイス番号 + インデックスレジスタの値

となります。

 

数値

記号  使用例
K  定数を示す記号 EX. K0, K123
E  実数を表す記号 EX. E1.23456
H  16進数を表す記号 EX. HFF

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA